watermark logo

アスタリン2mg通販 ベネトリンジェネリック最安値と購入方法|サルブタモール/COPD・喘息

4 Views
kusuri online
0
Published on 04 May 2021 / In Other

アスタリンの購入はこちらから → https://mttag.com/s/eXyFtImh52M
アスタリンインヘラーはこちら → https://mttag.com/s/WJiU-kYp4q4
アスタリン2mg(ベネトリンジェネリック)の通販。アスタリン(Asthalin)は、シプラ社が開発・製造しているお薬で、サルブタモール(Salbutamol)のジェネリックになります。サルブタモールは、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患などで気道が炎症してしまい呼吸が苦しくなった時などに使われるお薬で、アメリカではアルブテロールと呼ばれています。サルブタモールは世界で広く処方されているお薬で、服用するタイプと、吸入するタイプ、貼付薬の3種類にわけられます。気管支喘息とは、ハウスダスト・ダニ・花粉・ウィルスなどといった様々な原因で起こるアレルギー症状で、空気の通り道である気道が炎症を起こしてしまい狭まることによって、ゼェゼェ、ヒューヒューといったような音を立て、息苦しくなってしまう症状の事を言います。慢性的な喘息がある方は、常人の方と比べ、日常生活をする上で気にならない程度のホコリやタバコなどで炎症を起こし気道が狭くなってしまい息苦しくなってしまいます。慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、1番の大きい原因として喫煙が挙げられます。タバコの吸い過ぎなどで、肺の中の気管支が炎症を起こし、空気の流れが悪くなってしまい、息苦しさを感じたり、痰や咳がでるようになり、少しの運動でもすぐに息が切れてしまいます。ひどい症状の場合、普段の日常生活を過ごすだけでも息切れがしてしまうこともあります。そのままの状態で放置し喫煙を続けていると、気管支の先にある肺胞と呼ばれる小さな袋が破壊され、肺気腫になり、酸素自体を取り込む量が減少してしまい完全に元通りには戻らなくなってしまいます。本来、慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは「慢性気管支炎や肺気腫」と言われてる呼吸器の病気の総称になります。気管支が炎症を起こしてしまい、呼吸が苦しくなってしまったなどの症状を緩和させる効果があるのがアスタリンです。気管支には「気管支をコントロールするための受容体」が存在しており、アスタリンに含まれる、サルブタモールと呼ばれる「β2受容体刺激薬」という刺激を促す成分が含まれていますので、服用すると気道を拡張させる効果があります。これにより気管支が拡張され空気の通りが良くなり呼吸が楽になります。

Show more
0 Comments sort Sort By